巻き爪の体験と自己流の対策

巻き爪の体験と自己流の対策

 

 

1.中学1年の時の巻き爪体験
 初めて巻き爪を意識したのは中学1年の時です。歩くたびに足の親指に痛みが走るので、ケガをしたのかと思い、足を確認すると、爪の端が親指の肉に食い込んでいました。その時は慌てて爪切りで爪の端を浮かして切ったので事なきを得たのですが、これ以降もたびたび足の親指が痛むと巻き爪を浮かして切るということが何度が続きました。
2.あらい対処療法の結果・・・
 中学2年のある日、また親指の巻き爪のせいで、歩くと痛くなったので、いつものように爪切りで爪を浮かして・・・をやっていると切り方が悪かったのか、深爪をしてしまい出血が起こりました。それまでにも出血したことはあったので、いつものように傷テープをしていたのですが、傷口が化膿してしまい、親指が少々腫れてしまったのです。それでしばらく服薬と通院をしました。単なる巻き爪と思っていたのに、対処の方法を間違うといろいろ厄介なことになることを思い知りました。
3.巻き爪の原因
 あくまでも、自分の経験ですが、一番の原因は深爪ではないかと思っています。
足の指は、手のそれよりも体重などの負荷がかかりやすいです。足の爪は体重や、力を入れるときに、その負荷を支えて、力を入れやすくしたりするのですが、深爪になると足の爪の肉が爪の切り口の上に乗りやすくなってしまい、爪が伸びる場所を妨げているようでした。ただ伸びすぎても、これまた巻き爪になりやすいようなので、そこの加減が難しいかなと思います。
4.巻き爪の対策
 とはいえ、巻き爪はほっとくと本当に痛いし、歩き方も変になり、疲れやすくなったり別のところが痛みだしたりするので、そうそう対処しなければなりません。
自分が主な対策としてやっていたのは、爪の切り方です。
 まずは深爪しないこと。これには細心の注意をはらっています。爪は指の肉が見えないくらいになってから切る。それだけで大分巻き爪が緩和されるでしょう。
 次に、爪の切り方なのですが、指にそって丸く切るのではなくまっすぐ平らに切るのがいいです。でも角が鋭利だと靴下に引っかかるので、角を少しだけ落とすのがいいと思います。これもやりすぎるとつい落としすぎになり丸い爪になってしまうので、気を付けてほしいところです。
 なってしまった場合、無理に切り落とすのは絶対やめてください。今は巻き爪対策用のゴムなんかもうっているので、これらを買い求めるか、潔く病院に行くことをお勧めします。

 巻き爪は一度なってしまうと癖になりやすく、一生付き合っていくことにもなりかねません。たかが巻き爪、されど巻き爪だと思って甘く見ずにきちんと対策をしましょう。

 

40代 女性

 

 

自宅で巻き爪矯正!巻き爪矯正具ランキング2019

巻き爪ブロック
特殊なバネの力で無理なく矯正!医療機器の認可を取得している安心の矯正具。 サイズや矯正力も選べるので最適な強さで無理なく矯正できます。
矯正に必要な取付具が一式セットになっているので初めての人でも簡単に矯正を始められます。 detail_red.gif
価格 内容物 評価
3000円(税込) フック型補正具
(取付一式)
巻き爪ブロック評価

巻爪直子
爪と指の間に入れ込み、適度な力で爪を押し上げながら指をガードするサポートゲル。
伸縮性・衝撃吸収率が抜群の、耳たぶのようにやわらかいゲルが痛みを軽減してくれます。
簡単装着で洗って繰り返し使えるのでとっても楽です。
detail_red.gif
価格 内容物 評価
3703円(税込) ゲルサポーター(2個入) 巻爪直子評価

巻き爪ロボ
従来の矯正具にはできなかった"自分の爪の形を変える"ことができる矯正器。しかも、わずか30分で痛みなく矯正可能。
爪本来の性質を活かした矯正器なので、個人差のあるどんな巻き爪でも自分で治せます。安全で誰でも使える簡単設計で、医療機器認可も取得済みなので安心して使えます。 detail_red.gif
価格 内容物 評価
19800円(税込) 矯正器
(取付一式)
巻き爪ロボ評価