巻き爪を経験して、その簡単予防策

巻き爪を経験して、その簡単予防策

 

 

 10代の頃、左足の親指の爪が皮膚に食い込んでしまい、耐えられなくて皮膚科にかかったことがあります。
 小学生の時から爪を切ることが大嫌いでした。短くしないとすぐに伸びてきてまた切らなくてはならないため、どうしても短くきってしまいがちでした。特に、爪の両端ばかり伸びる気がしてより深く切っていました。いつからかははっきり覚えていませんが、次第に肉に食い込むように爪の端が伸びるようになりました。始めのうちは、チクっとしたらまた切るようにしていましたが、不思議なことに、回を増すごとに次に生えてくる爪は食い込みが一層酷くなりました。
 そして、遂に爪が食い込む部分が赤く腫れ、遂には膿むようになりました。歩くのにも痛いし、膿は一度かさぶたになっても、また膿んでしまったので、どうしようもなく病院に駆け込みました。皮膚科にかかると、膿んでいる患部を見た先生はすぐに切開して膿を抜き、塗り薬(どの薬かは覚えていませんが)と抗生剤を出されました。患部はガーゼとテープでぐるぐる巻きにされて、靴を履けなかった記憶があります。それから、ひと月の間通院しました。
 先生からの注意のひとつ目は、「まだ爪は切らないこと」。患部の症状が落ち着てくると、ある程度まで爪が伸びてきました。これまで、爪の両端が食い込むように伸びていたと話していたと思いますが、伸びた爪は患部を避けて、今度はまっすぐに伸びていました。
 先生から注意のふたつ目、それは「爪が伸びたら、全部は切らない。少し残して、横一直線に切ること」。山なりに切らないでね、ということでした。短く短くと考えて、深くきってしまいがちだった私にとって抵抗がなかったかといえば嘘になります。しかし、痛い思いは二度とごめんだったので、騙されたと思って実行すると、これが大正解
。10年は経っていますが、現在では全く悩みなし痛みなしの生活を送っております。
 私が酷かったのは、足の親指の爪だけでしたが、それ以降、足の爪に関しては、3〜5ミリくらい(少し伸びてきたと感じるくらい)は放っておいています。
 ご参考になりましたら幸いです。

 

20代 女性

 

 

自宅で巻き爪矯正!巻き爪矯正具ランキング2019

巻き爪ブロック
特殊なバネの力で無理なく矯正!医療機器の認可を取得している安心の矯正具。 サイズや矯正力も選べるので最適な強さで無理なく矯正できます。
矯正に必要な取付具が一式セットになっているので初めての人でも簡単に矯正を始められます。 detail_red.gif
価格 内容物 評価
3000円(税込) フック型補正具
(取付一式)
巻き爪ブロック評価

巻爪直子
爪と指の間に入れ込み、適度な力で爪を押し上げながら指をガードするサポートゲル。
伸縮性・衝撃吸収率が抜群の、耳たぶのようにやわらかいゲルが痛みを軽減してくれます。
簡単装着で洗って繰り返し使えるのでとっても楽です。
detail_red.gif
価格 内容物 評価
3703円(税込) ゲルサポーター(2個入) 巻爪直子評価

巻き爪ロボ
従来の矯正具にはできなかった"自分の爪の形を変える"ことができる矯正器。しかも、わずか30分で痛みなく矯正可能。
爪本来の性質を活かした矯正器なので、個人差のあるどんな巻き爪でも自分で治せます。安全で誰でも使える簡単設計で、医療機器認可も取得済みなので安心して使えます。 detail_red.gif
価格 内容物 評価
19800円(税込) 矯正器
(取付一式)
巻き爪ロボ評価